生活保護

生活保護とは、その通りに解釈すると、生活を保護してくれるものですね。生活が苦しいので受けたいと申請すると、誰でも受けられるものなのでしょうか。もちろん誰でも受けられるわけではありません。

10年以上前、自分も生活保護を受給していた頃がありました。パートの給料で子供を抱え、とても生活できる状況ではなかったのです。あの頃、悔しい思いもしましたが、この制度に支えられたお陰で、現在こうして自立した自分があるのだと思います。

このサイトでは、自分の体験を交えながら、生活保護というものを理解し、これから受給しようと思っている人も、この制度に助けられながらも自立を目指して欲しいと思っています。


生活保護とは

あそこの家では、生活保護を受けていて楽な暮らしをしている。よくこういう話を耳にします。本当に楽な暮らしなのでしょうか。稀に不正受給をし、これまで支給した分の返済を求められたりしている人もいますが、純粋に生活が苦しくて受給している人もいるということを忘れないようにしましょう。

生活保護の基準

生活保護は、法律のもとに成り立っています。生活保護法とはどんなものなのか、その受給資格はどういったものなのか、最低生活保障の原理とはどういうものなのかを紹介します。

詳しいページはこちら


生活保護が認められないケース

どんなに生活が苦しくても、受給が認められないケースもあります。どんな場合があてはまるのでしょうか。

詳しいページはこちら


生活保護での
デメリット

この制度を受ける上で、デメリットというものはあるのでしょうか。実際、数々の制限があります。

詳しいページはこちら


生活保護の申請

申請を行う前に、ケースワーカーとの面接があります。様々なことを聞かれますが、制度を受けたいばかりに嘘をつく人もいるようです。税金から支給されるものですので、虚偽がばれると返還を迫られるものです。正直に話をしましょう。

生活保護の申請の流れ

受給の第一歩となる申請の流れを説明します。面接を行い、真性書類を出すと、今度は受給資格について様々な調査が行われます。そこまでするの?と思うかもしれませんが、自分で生活の糧を稼げないと証明できなければいけません。

詳しいページはこちら


親族に連絡が

自分に生活能力がなくても、親族に援助する余裕がある場合、援助するように要請が行きます。こればかりは縁を切っているから嫌だといっても通用しません。生活費に当てられる手段を全てとったうえで、それでも生活できないとなると、支給が決定されます。

詳しいページはこちら


生活保護の受給が決まったら

生活保護はいくつかに分類されます。ここではその種類と受給が決まったらやらなければいけないことを紹介します。

生活保護の分類

私たちは、生活をしていくだけではなく。教育や済む場所、医療や介護など、様々なシーンで困ったときに保護をうけることができます。その分類を紹介します。

詳しいページはこちら


届出の義務

保護の支給は、最低限これだけあれば人としての生活が保障できるという金額が支給されます。ですから、それ以外に収入があったときは届出をしなければいけません。あくまでも自立するまでのお手伝いの制度ですので、自立するための行動も起こさなければいけません。

詳しいページはこちら


生活保護からの自立を目指す

受給が決まったからと言って、安心してはいられません。定期的に自分の担当となっているケースワーカーの家庭訪問を受けなければいけません。不安なことや心配なことはケースワーカーに相談しましょう。そして、1日でも早く自立を目指して前に進まなければいけません。

詳しいページはこちら


生活保護の実態

実際の生活保護事情はどうなっているのでしょうか。働かなくても食べていける制度だと思っていませんか?反対に、受給できずに働いているのに食べていけないという人もいるのです。

受給できない生活保護

実際に生活に困っているのに、受給できなくてあえいでいる人が大勢います。その反面、偽装離婚をして、不正に受給している人がいるのも事実です。どのような実態があるのでしょうか。自分で見聞きしたことも交えて紹介していきます。

詳しいページはこちら



ページの上に戻る