生活保護でのデメリット

生活保護を受けたからと言って、喜んでばかりはいられません。やはりデメリットというものもありますので、申請するまえによく考えましょう。生活する上でどうしても生活保護が必要になっている場合、デメリット云々とは言っていられないはずです。多少不便なところは我慢しなければいけません。


貯金ができない

 

まず、支給される保護費から預貯金にまわすことは原則許されていません。生活をするうえで必要最低限の金額を支給するわけですから、預貯金にまわすほどの余裕がないとみなされます。保護費は税金から支払われていますので、ためていくという性質のものではないのです。

過去に、保護費からせっせとためた80万円以上の預貯金が問題になり、裁判にまで発展しましたが、この預金を所有していいと認められたケースはあります。ですが、原則として保護費から預貯金してはいけないことになっています。

タンス貯金

実際、生活保護を受給していると、年に一度調査があります。自分名義の口座の残高なども調べられます。そこに生活できるだけの金額があれば、その分の保護費がストップされます。

かつて自分の担当だったケースワーカーは、小さな子供を抱えていると、いつ何があるのか分からない。病院代はかからないにしても、少しでもお金に余裕があった方がいい。だけれども、銀行口座にある程度のお金を入れていると保護費がストップされるので、タンス貯金をしていきなさい。そういわれました。ですが、実際保護費でタンス貯金なんて無理です。生活するのが精一杯なのですから。

生活保護の家賃の上限

生活保護を受けながらアパートや借家で生活しようとしている人もいるでしょう。今住んでいるところにそのまま住めそうですか?生活保護を受けると、家賃の上限があります。自治体によってその金額は違いますが、もしかしたら、今住んでいるところを引っ越さなければいけないかもしれません。

生活保護を受けるということは、ギリギリの生活を強いられるわけで、住んでいる場所も広くて新しくて……と言うわけにはいかないのです。引っ越すためには資金も必要になります。市営住宅、公営住宅などに移転を希望する人も多いですが、すぐに住めるわけではありませんので困惑するでしょう。

すでに生活保護を受けているのであれば、保護費に引越し費用が加算されます。引越し業者に依頼する場合も、移送費として支給されるはずです。ですが、自由に業者を選んでいいわけではありません。引越ししたから保護費から出してくれというのもいけません。事前に福祉課への相談が必要になります。今住んでいるところに飽きたから引っ越したいなどという理由では認められません。引っ越さなければいけない正当な理由がなければ無理です。

生活費以外で使ってはいけない

生活保護費は、最低限の生活を保障するものです。そこから借金を返済したり、ギャンブルをしてはいけないことになっています。しかし、実際には借金の返済にあてたり、パチンコ通いをしている人も多いようです。これでは事情を知っている人から福祉課に苦情が入ることになり、言い方が悪いですが、要注意人物になってしまいます。

定期的にあるケースワーカーの家庭訪問ですが、いつ訪ねても家にはいなく、パチンコ店に行くとチャッカリいることが多いそうです。こうしたこともあり、ケースワーカーは定期的にパチンコ店も見回っているようです。

幼稚園問題

離婚をして生活保護を受けるようになったとき、娘は幼稚園の年長でした。受給してすぐ、2人のケースワーカーの家庭訪問を受け、幼稚園から保育園へ移すように言われました。理由は、幼稚園は月に納める金額が大きく、母子家庭で保護家庭であれば、保育園は無料になるからです。幼稚園日を保護費から出してはいけないと言われました。

後日、ケースワーカーが一人で訪ねてきました。あくまでも自分個人の意見として聞いて欲しいと。年少から通っている幼稚園、卒園まであと半年くらい。お母さんも一生懸命働いているけど、幼稚園の帰り時間などの都合がつくのであれば、僕は目をつぶりたいと思います。娘さんを頑張って幼稚園の卒園を迎えさせてあげてください。そう言われました。

とても胸に来る言葉で、感謝の気持ちでいっぱいになりました。同時に、生活保護の制約に生活を縛られるという、人様の税金で暮らしている状況を1日でも早く抜け出さなければ……と思ったのです。


ページの上に戻る